市場化する大学と教養教育の危機
廣瀬 純
シネキャピタル
 
発行元 : 洛北出版
四六判・上製・192頁
2009年4月24日発行
ISBN 978-4-903127-10-1 C0010
定価(本体価格 1,800円+税)

シネキャピタル――普通のイメージ=労働者たちの
不払い労働にもとづく、新手のカネ儲けの体制!

搾取されてるっていうのに、
ぼくや彼女ら「普通の鳥」は、働くことに
やりがいや喜びさえ感じている。

それどころか、

観客=投機家として無数の企業のために、
いっそうタダ働きをしてしまっている。

どんなやり方でシネキャピタルは、
この剰余価値生産に
ぼくたちを組み込んでいるの?

こんな暮らしから身を引き、
「労働からの解放」、
「解放された労働」を
獲得するなんてできるの?

* * *

ぼくたちはいつのまにか
「ヒッチコックの鳥」になっちまってる!
このインチキにこそ
映画の、ヤツらの、
取り分があるんだ。
『シネキャピタル』





『シネキャピタル』
オビの推薦文

最先端の思想もイメージも
大胆に読みこめる廣瀬純は、
書き手としても稀有の才能に
恵まれている!!
―――― 蓮實重彦
『シネキャピタル』
本書の目次

1  イメージたちはなぜ労働を拒否するのか。

「動物を分類するのと
同じような手つきで……」

「万国の鳥たちよ、団結せよ。
失うものは羽しかない!」

「搾取されて喜んでいるこのオレは
いったい何なんだ!」

「私は自分の行動を見ていた、
それは不可避だった。」

「カネ、カネ、カネ。いつも陽光に輝いている、
富裕者の世界では。」

映画は死なない、
歴史は終焉しない。

「カモメはカモメ、
クジャクやハトにはなれない……」

「すべては『お早よう』のように
平凡なこと……」


2  マキノ雅弘から金融危機へ
あるいは、200810月に『運動イメージ』を読むということ


一人二役のギャラは
一人一役のそれと同額である。

シネキャピタルは
「めまい」においてその極限を見出す。

映画はヒッチコックとともに
「資本のコミュニズム」に達する。

運動イメージの金融化は
革命の「外的な必要条件」をなす。

補遺――
『時間イメージ』は言うまでもなく革命書である。


3  「あとがき」にかえて
映画と働かぬ権利(闇のなかの音楽)


生きる権利のあるはずの
生を生きること

ARBEIT MACHT FREI または
SLOW MOTION

闇のなかの音楽、
私たちの音楽

まぶたなき瞳、
あるいは LES YEUX VERTS

シネキャピタル、
「振り上げられた拳」の暴力


『シネキャピタル』





『シネキャピタル』
本書の中身

本書の一部を、ご覧いただけます。
(閲覧には、Flash Player 9.0以上が必要になります。)
PCの画面サイズに合わせてお選びください。
※データの読み込みに少し時間がかかります。
▲サイズ1140x900(大)   ▲サイズ820x640(中)   ▲サイズ600x480(小)
解 説

安井 豊 (映画批評家)

敵はどこにいるのか?
しゃべるように書くにはどうすればいいのか?
労働者の音楽
廣瀬純とは誰か?
あるものはある


著者紹介

廣瀬 純 Hirose Jun

1971年生 龍谷大学経営学部教員
映画批評誌『VERTIGO』編集委員

著書として――

『美味しい料理の哲学』(2005年 河出書房新社)
『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(2006年 人文書院)
『闘争のアサンブレア』(2009年コレクティボ・シトゥアシオネスとの共著 月曜社)

訳書として――

パオロ・ヴィルノ『マルチチュードの文法』(2004年 月曜社)
トニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』(2007年 共訳 月曜社)
同『未来派左翼』(2008年 NHK出版)など
本書カバーの装画

畠中 崇

本書の装幀・組み版

洛北出版 編集部

フェア用のパンフレット

ブックファースト京都店での、廣瀬純氏による選書フェア(2009年4月中旬〜5月中旬開催)―― このパンフレットをご希望のかたは、下記のことをご記入いただき、小社あてにお申し込みくださいませ。パンフレットは無料(送料も無料)でお届けいたします。

郵便番号
ご住所
お名前
*「廣瀬純・選書パンフレット希望」とご記入ください

書評

◆ 「週刊 図書新聞」2009年7月18日号
岡村民夫氏による書評
「鳥たちの逆襲 なぜドゥルーズが
〈結晶イメージ〉にこだわったのかという
疑問に、はっきり答えている」

◆ 「キネマ旬報」2009年7月号
北小路隆志氏による書評
「質的な飛躍を実現する錬金術」

◆ 「remix」2009年7月号(第216号)
一色こうき氏による書評
「映画にみる、解放的な生の可能性」