笹谷絵里 著
『新生児マス・スクリーニングの歴史』

 
 
 
発行元 洛北出版
四六判 並製 364頁
発行 2019年9月刊行
ISBN 9784903127286 C0036
定価(本体価格 2,600円+税)
この画像は、『新生児マス・スクリーニングの歴史』(笹谷絵里/著、洛北出版/発行)の、オビのない、ななめの書影画像である。
この画像は、『新生児マス・スクリーニングの歴史』(笹谷絵里/著、洛北出版/発行)の、オビのある、ななめの書影画像である。
この画像は、『新生児マス・スクリーニングの歴史』(笹谷絵里/著、洛北出版/発行)の、おもてと裏の、書影画像である。
本書の内容
自分の、相手の、遺伝情報を知ったとき……、
子どもを、産んでほしい? 産みたい?
 —— 遺伝医療と出生防止


 新生児マス・スクリーニングとは、赤ちゃんに先天的な疾患[しっかん]があるかどうかを検査し、治療する医療事業のことです。
 現在、ほとんどの新生児[しんせいじ]が、この検査を受けています。
 しかし、もし子どもに疾患があった場合、その親は、疾患の遺伝情報の保因者[ほいんしゃ]として、疾患をもつ子を再び産むリスクのある人だと見なされる現実もあるのです。
 この本は、子どもの検査とされながらも、親の遺伝情報の管理=出生防止としても機能してきた「新生児マス・スクリーニングの歴史」を、くわしく紹介しています。


     ◇ ◇ ◇

 新生児マス・スクリーニングとは、子どもを対象とした、その疾患の早期発見・早期治療を目的とする医療事業・制度であると、ひとまずはいえるかもしれません。また、新生児マス・スクリーニングについての従来からの一般的認識も、これと大きく違ったものではないでしょう。

 しかし、この本では、この一般的認識に対して、疾患の遺伝子情報をもつ保因者である親を検出し特定する検査(遺伝学的検査)という視点から、新生児マス・スクリーニングの内実をあらためて考察します。

 この遺伝学的検査という、いわば今までは影であった部分に照明をあてることによって、別の現実を、ほんのわずかかもしれませんが、追体験することができるのではないかと思っています——つまり、検査で子どもに疾患があると分かった場合、その親は、疾患の遺伝情報の保因者として、疾患をもつ子どもをふたたび産む「恐れ(リスク)のある」存在とみなされるという現実です。

 新生児マス・スクリーニングの進展と普及は、子どもの検査とされながらも、同時に、親の遺伝情報の検査としても機能してきた歴史でもあります。その歩みの一端を、本書において、遺伝学的検査としての新生児マス・スクリーニングという視点から、少しでも明らかにできればと、そう強く思っています。(本書の「序章」より)


     ◇ ◇ ◇

 本書の一部分を、ご覧いただけます。下記の画像をクリックください。
目次

序 章  この本について、背景について

 ・なぜこの研究をするのか

 ・先行研究について

 ・本書の構成

 ・日本の母子政策の歴史

第1章 新生児マス・スクリーニングはどのように始まったのか

 ・先天性代謝異常症への視線

 ・出生前診断の対象となるまで

 ・新生児マス・スクリーニングと医学

 ・新生児マス・スクリーニングの導入へ

第2章 新生児マス・スクリーニングと特殊ミルク

 ・特殊ミルク開発の前史

 ・追跡調査は何を明らかにしたのか

 ・特殊ミルクは「医薬品」か「食品」か?

 ・なぜ「医薬品」になったのか——糖原病[とうげんびょう]の特殊ミルク

 ・フェニルケトン尿症の治療とは

第3章 新生児マス・スクリーニング、出生前診断、そしてDNA診断へ

 ・優生保護法[ゆうせいほごほう]と保因者の出生予防

 ・出生前診断の展開

 ・フェニルケトン尿症の出生前診断の実用へ

 ・フェニルケトン尿症とDNA診断の模索

第4章 新生児マス・スクリーニングへの抗議

 ・運動の始まり——母子保健法改正反対運動と「大阪連絡会」の成立

 ・大阪連絡会の疑義[ぎぎ]

 ・厚生省との交渉——研究班の動向

 ・大阪府との交渉——大阪連絡会の応答

 ・大阪府への公開質問状——研究班の最後

第5章 タンデムマス法はどのように導入されたのか

 ・タンデムマス質量分析計の開発

 ・新生児突然死症候群との関連

 ・なぜ候補から消えたのか——ガスクロマトグラフィー質量分析計

 ・試験研究で何がわかったのか——タンデムマス質量分析計

 ・遺伝子診断の導入

 ・タンデムマス法、未解決の課題

 ・導入の問題点——2014年のタンデムマス法

終 章  親の遺伝情報の検査

あとがき/ 註/ 参考文献/ 索引

※1 目次のレイアウトは、上記の「ためし読み」の画像をクリックして、ご覧いただけます。
※2 目次のテキストデータは、上記のテキストをご利用ください。また、「版元ドットコム」のwebサイトから、高解像度(タテ 2,200×ヨコ 1500 pixel, 72pixel/inch など)のカバー画像(jpgデータ)をダウンロードいただけます。ご利用くださいませ。
著者紹介

笹谷絵里 Sasatani Eri

1982年生まれ。博士(学術)。現在、花園大学社会福祉学部専任講師。専門は、小児保健、医療史、生命倫理。論文(単著)として、「新生児マス・スクリーニングに対する意識——出産女性の遺伝情報に対する語りから」(『Core Ethics』vol.14、2018年)、「都道府県及び指定都市の新生児マス・マススクリーニングの認識——タンデムマス質量分析計の導入と検出疾患の拡大に着目して」(『保健医療者社会学論集』、第30巻・第1号、2019年)ほか。

 

装幀

本文デザイン・組版・カバーデザイン
いずれも洛北出版編集による。


制作過程の一部は、「洛北出版ブログ」を参照ください。新生児マス・スクリーニングの歴史』にかんする投稿をまとめてあります。


関連書籍
書評

ご購入について

この『新生児マス・スクリーニングの歴史』は、大手書店さんやネット書店で、お求めいただけます。

また、小社のこのサイトからもご注文いただけます。

● 小社へのご注文について
 商品の到着をご確認いただいてから、同封の郵便振替用紙で後払いができるお支払い方法です。

 郵便(冊子小包)送料、お振り込み手数料は、無料です。
 書籍代(本体価格+消費税)のみをご請求させていただきます。
 詳しくは → 「ご購入方法」

● この書籍『新生児マス・スクリーニングの歴史』は、郵便(冊子小包)にてお届けいたします(送料無料)。

厚みのある(束幅・約28ミリの)書籍ですので、郵便ポストに投函できるかどうか、ご確認をお願いいたします。

● 4千円以上ご注文の場合は「ご購入方法」をご参照ください。

● ヤマト運輸の宅急便によるお届けも、うけたまわります。
 ヤマト運輸の宅急便での書籍『新生児マス・スクリーニングの歴史』のお届けは、商品代とは別に、送料として 500円(税込)がかかります。ご希望の方は、ご注文時のメッセージ欄に、その旨をお記しくださいませ。

● 「代金引換」(ヤマト運輸の宅急便)によるお届けをご希望の場合は、ご注文時のメッセージ欄に、その旨をお記しくださいませ。代金引換手数料と送料をお知らせさせていただきます。

● 出荷日やお支払い期日など、その他の詳細につきましては、 「ご購入方法」をご参照・ご確認くださいませ。

● 以下のネット書店でも、お求めいただけます。